戸令20 造帳籍条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○20 造帳籍条(帳籍を造るの条)


《原文》
凡戸口。当造帳籍之次。計年。将入丁老疾。応徴免課役。及給侍者。皆国司親【貌】形状。以為定簿。一定以後。不須更【貌】。若疑有【姦】欺者。亦随事【貌】定。以附帳藉。


《意訳》
戸口の帳籍を作る際、同時に年齢を計算すること。正丁(21歳〜60歳)・老丁(61歳〜65歳)・疾(=障害者)に該当することとなって、課役を徴収あるいは減免する場合、及び、侍〔じ〕を給付すべき場合には、皆、国司が自ら容貌を審査してから帳籍〔ちょうじゃく〕に確定すること。一度年頃を確定して以後は、あらためて審査を行ってはならない。(ただし)もし詐欺の疑いがあればまた、随時容貌を見定めてから帳籍に附けること。


本
この条は、帳籍の作成にあたっての不正防止実検について定めたものです。

侍とは、侍丁〔じちょう/じてい〕のことで、給侍条に定められた、高齢者および重度障害者に充てる介護者をいいます。

【貌】とは容貌を「実際に見る(実検する)」ことです。年齢よりも若く見えたり老けて見えたりする人がいますよね。正丁の年頃(21歳〜60歳)になったのに「まだ10代です」、まだ50代なのに「老丁になりました」などと欺いて、課役負担を軽くしようとする不正行為を防ぐのが目的です。
詐欺の疑いがあるときを除き、原則として、一度確定したら二度と審査しません。幼く見えたり老け顔の人をその都度、見た目で判断して年齢を修正するわけにはいかない、ということだと思います。

なお、課役徴収の対象となる課口〔かく〕は、中男〔ちゅうなん〕(17歳〜20歳)以上ですが、この条文では中男が抜けていますね。中男については令義解等の注釈書では言及されており、もちろんこの条文の対象となっているようです。
同じくここで出てくる「簿」については帳籍のことと注釈されています。帳籍とは計帳と戸籍のことをいいます。

   ***

昨今は表示可能な文字が増え、また機種依存の問題もかなり解消された感がありますね。
原文中の【貌】の字は、本来は【白+八】で【㒵〔ぼう〕】という字です。環境によっては表示されない可能性があるので【貌】に置き換えています。〔み〕る、と訓読します。【見】の字に似てもいますね。
【姦】も同様で、本来は【姧】の字です(国史大系の用字では【姦】みたいですが)。
よほどこだわりのフォントをご利用でない限り、【㒵】も【姧】も、たいていの方にはちゃんと表示されているのではないでしょうか。どのくらい配慮すべきなのか、わからない状態です。


※個人的なメモ
【貌】は【㒵】。「㒵案」を作り「㒵定」する。
【姦】は【姧】。



posted 2010-10-03 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。