戸令16 没落外蕃条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○16 没落外蕃条(外蕃に没落しての条)


《原文》
凡没落外蕃得還。及化外人帰化者。所在国郡。給衣粮。具状発飛駅申奏。化外人。於寛国附貫安置。没落人依旧貫。無旧貫。任於近親附貫。並給粮逓送。使達前所。


《意訳》
海外行方不明者が帰還したとき、及び、外国人が帰化するとき、所在の国郡は衣食を給付すること。飛駅〔ひやく〕(至急の使者)を発して状況の仔細を天皇にお知らせ申し上げること。外国人の場合は、田地の足る豊かな国の戸籍に附けて住まわせること。行方不明者の場合は、もとの戸籍に附けること。もとの戸籍がなければ、任意の近親の戸籍に附けること。いずれも、食料を給付しながら逓送〔ていそう〕し、目的地に達するようにすること。


本
この条は、海外で行方不明となっていた人が帰還したとき、及び、外国人帰化の際の手続きを定めたものです。

行方不明になることを「没落〔もつらく〕」といいます。
「没〔もつ〕」とは、さらわれること、
「落」とは、嵐で遭難することです。船から落ちるってことですかね。

「化外〔けがい〕」の人とは、外国人のこと。帰化すると自国民=「化内」人になります。

現代と同様、そうした人が帰還したり訪れたりすると、本日のトップニュース。大騒ぎだったようです。天皇にまでお知らせが行く。化外人は大陸の文化を運んできますから、現代でいうと宇宙からの....

「飛駅〔ひやく〕」とは、後世でいうところの飛脚や早馬のことで、至急緊急の重大事に発せられる使者(飛駅使)のことです。使者に立つときは身分証明の「駅鈴〔やくれい〕」を持たされます。飛駅使が利用する中継地点が「駅〔やく〕」です。馬を乗り換えるんですね。飛駅使自身を「駅」ということもあります。駅制に関しては、廐牧令〔きゅうもくりょう〕須置駅条以降にいろいろと規定されています。
また、国守が署名して飛駅使に持たせる公文書の書式は、公式令〔くしきりょう〕飛駅上式条ですね。

逓送とは、リレー式に順送りすることです。



posted 2010-09-26 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。