儀制令25 五等条

現代語訳「養老令」全三十編:第十八編 儀制令 全26条

戸令の途中ですが、用語に関わる便宜上、儀制令の五等条を先に取り上げます。

○25 五等条(五等の条)


《原文》
凡五等親者。父母。養父母。夫。子。為一等。祖父母。嫡母。継母。伯叔父姑。兄弟。姉妹。夫之父母。妻。妾。姪。孫。子婦。為二等。曽祖父母。伯叔婦。夫姪。従父兄弟姉妹。異父兄弟姉妹。夫之祖父母。夫之伯叔姑。姪婦。継父同居。夫前妻妾子。為三等。高祖父母。従祖々父姑。従祖伯叔父姑。夫兄弟姉妹。兄弟妻妾。再従兄弟姉妹。外祖父母。舅姨。兄弟孫。従父兄弟子。外甥。曽孫。々婦。妻妾前夫子。為四等。妻妾父母。姑子。舅子。姨子。玄孫。外孫。女聟。為五等。


《意訳》
五等親は、父母、養父母、夫、子(養子含む)を一等とする。
父方の祖父母、嫡母〔ちゃくも〕(妾の子から見た、父の正妻)、継母〔けいも〕(嫡子から見た、父の次妻以下の正妻)、伯叔父姑〔こ〕(父方のおじ・おば)、兄弟、姉妹、夫の父母、妻、妾、姪(兄弟の子である甥・姪)、孫(内孫)、子の婦〔め/ぶ〕(妻)を二等とする。
父方の曾祖父母、伯叔の婦(父方のおじの妻)、夫の姪〔てつ/てち〕(夫の兄弟の子である甥・姪)、従父兄弟姉妹(父方のおじ方のいとこ)、異父兄弟姉妹、夫の祖父母、夫の伯叔姑(夫の父方のおじ・おば)、姪の婦(兄弟の子である甥の妻)、同居している継父、夫の前の妻妾の子を三等とする。
父方の高祖父母(父方の曾祖父の両親)、従祖祖父姑(父方の祖父の兄弟姉妹であるおおおじ・おおおば)、従祖伯叔父姑(父方のおおおじの子=父の父方のいとこ)、夫の兄弟姉妹、兄弟の妻妾、再従兄弟姉妹(父の父方のいとこ男性の子=またいとこ)、外祖父母(母方の祖父母)、舅姨〔きゅうい〕(母方のおじ・おば)、兄弟の孫、従夫兄弟の子(父方のいとこ男性の子)、外甥〔げしょう〕(姉妹の子)、曾孫(息子方の男孫の子)、孫の婦(息子方の男孫の妻)、妻妾の前の夫の子を四等とする。
妻妾の父母、姑の子(父方のおばの子=おば方のいとこ)、舅の子(母方のおじの子)、姨の子(母方のおばの子)、玄孫(息子方の男孫の男子の子)、外孫(娘の子)、娘聟〔むすめむこ〕を五等とする。


本
この条は、五親等の親族の範囲分けを定めたものです。

親サイトの儀制令「五等条」の項に、これを図表化した画像を置いてますので、併せてご参照ください。

親族の呼称で現代と大きく異なるのは、「舅・姑」「甥・姪」の語です。父方か母方かで呼称が分かれます。
父方のおばを「姑〔こ〕」、母方のおじ・おばを「舅〔きゅう〕・姨〔い〕」と呼び、兄弟の子を「姪〔てつ/てち〕」、姉妹の子を「外甥〔げしょう〕」と呼びます。
詳しくないのですが、おそらく単に「姪」「外甥」という場合、男性を指すと思われます。ただし親等の数え方は女性の「姪」「外甥」の場合も男性に準じるようです。女性である「子」や「孫」の場合も同様です。

特に注目すべき点は、「姪」の親等の近さです。
・「姪」の親等は「兄弟」の親等と同じ。
・「姪」の妻は「兄弟」の妻妾より親等が近い。
・本人が女性である場合、「夫の前の妻妾の子」と「夫の姪」の親等は同じ。
・「夫の兄弟」より「夫のおじ・おば」の方が近い。これも、逆の立場から見た同様の有り様を示しているのでしょう。
一方で、母方の「舅姨」は遠いですね。

他に気付くのは、以下のとおりです。
・妻から見た「夫」は一親等ですが、夫から見た「妻妾」は二親等である点。
・「孫」は二親等ですが、その子である「曾孫」は四親等である点。
・「継父」は同居してなければ親族の範囲に含まれず、同居していても三親等と遠い点。逆の立場から見た「妻妾の前夫の子」は四親等とさらに離れる点。
・「妻妾の両親」は五親等と遠い点。
・「異父兄弟」は三親等ですが、「異母兄弟」は親族の範囲に含まれない点。
・「姉妹の夫」は親族の範囲に含まれない点。

当時の立法技術の拙さもあるかもしれませんが、現代と異なる親族関係が垣間見える気もしますね。

なお、「嫡母」「継母」はどちらも「まま母」で、実母ではありません。



posted 2010-10-14 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:18:養老:儀制令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。