戸令26 結婚条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○26 結婚条(結婚の条)


《原文》
凡結婚已定。無故三月不成。及逃亡一月不還。若没落外蕃。一年不還。及犯徒罪以上。女家欲離者。聴之。雖已成。其夫没落外蕃。有子五年。無子三年不帰。及逃亡。有子三年。無子二年不出者。並聴改嫁。


《意訳》
婚約後、3ヶ月経過しても理由無く成婚に至らなかった場合、及び、逃亡して1ヶ月以内に帰還しなかった場合、もしくは海外で行方不明となり1年以内に帰還しなかった場合、及び、徒〔づ〕罪(懲役刑)以上の犯罪を犯した場合には、女家が破談を希望したならばこれを許可する。成婚後であっても、夫が海外で行方不明となって、子がある場合は5年、子がない場合は3年以内に帰還しなかった場合、及び、逃亡して、子がある場合は3年、子がない場合は2年以内に出てこなかったならば、いずれも改嫁を許可する。


本
この条は、女性側からの破談・離婚に関わる規定です。

女性側からの破談や離婚は、この条文に該当するとき以外は認められません。

ここからしばらくは離婚や婚姻不成立に関わる条文が続きます。



posted 2010-10-24 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。