戸令27 先姦条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○27 先姦条(先姦の条)


《原文》
凡先【姦】。後娶為妻妾。雖会赦。猶離之。


《意訳》
正式な婚儀よりも前に婚前交渉し、その後で娶って妻妾とした場合、(婚姻外の情交としての「姦罪」が)赦免されたとしても、なお離婚させること。


本
この条は、婚前交渉後の婚姻を認めない規定です。

婚姻外の情交はいずれも「姦罪」という罪に当たる、ということになっていました。

ただし、わが国の古代の婚姻システムは周知のごとくで、この条文を活かすことはできなかったようですね。
輸入され、わが国の実情に合うよう手を加えられた律令ですが、この条文が敢えて削られなかった点は興味深いです。


※個人的なメモ
【姦】=【姧】



posted 2010-10-26 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。