戸令18 造計帳条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○18 造計帳条(計帳を造るの条)


《原文》
凡造計帳。毎年六月卅日以前。京国官司。責所部手実。具注家口年紀。若全戸不在郷者。即依旧籍転写。并顕不在所由。収訖。依式造帳。連暑。八月卅日以前。申送太政官。


《意訳》
計帳を作るにあたって、毎年6月30日までに、在京諸司は、それぞれが管轄するところの手実〔しゅじつ/しゅじち〕(=戸主に書かせたその戸の構成員申告書、および、それをまとめたもの)を要請すること。家口〔けく〕(=その家の個人)・年齢をつぶさに記録すること。郷に不在の戸については、旧い籍より転写すること。併せて不在の理由を顕わすこと。手実を収受し終わったならば、式に依って帳を作り、連署して、8月30日までに太政官へ到着するよう申し送ること。


本
この条は、計帳の作成に関わる手続きを定めたものです。

タイムリーというか、いまちょうど国勢調査が行われていますね。我が家も昨日記入しました(^_^) 家族それぞれの姓名、続柄、生年月日、職業など....。

「手実」とは、ちょうどこれと同じようなもので、戸主にその家に住む個人名・続柄・年齢などを書かせて提出させるものです。里長坊長が集めて回ります。
なお、日本の律令制においては、各戸が提出したその書類を指しても手実といい、また、それらを一定単位でつなぎ合わせたものも手実といい、さらにそれを清書した「歴名〔れきみょう〕」のことも手実といっていることがあります。

現代の国勢調査は5年に一度ですが、律令制では毎年行われることになっていました。
他国へ家族ぐるみで赴任していて戸が不在の場合や、頻繁に駆使されて留守が多い場合、あるいは、浮浪逃避中だけれども、戸逃走条に定められた三周六年法により、まだ戸籍・計帳から除帳・除籍されてない人や家族については、前年の記録を転写し、不在理由を記入します。

手実によって、各戸の課口数や課口が負担する課役の額が把握され、各行政単位ごとの課役徴収に関わる事柄が把握されます。そうした集計を記した文書を「計帳」といいます。(少し時代が下っての延喜式でいう計帳は歴名も含むようです。)

国単位の計帳を「国帳」(時代によって「大帳」とか「大帳目録」など)といいます。
単に「帳」と表現しているときは概ねこの国帳のことのようですが、ニュアンス的には「中央へ送る必要のある計帳」ということかもしれません。

律令は法律の大枠を定めたもので、その法律の施行にあたっての細則は「格〔きゃく〕」や「式」で定められます。「延喜式」というのは、延喜年間に作られた「式」のことですね。計帳の書式は「式」に則って作成されます。

手実や計帳のことを「名帳〔みょうちょう〕」といいます。現代でいうところの「名簿」「リスト」「一覧」に当たりますかね。
計帳や戸籍のことを「帳籍〔ちょうじゃく〕」といいます。
名帳や戸籍のことを「名籍〔みょうじゃく〕」、各種の帳簿まで含めては「簿帳〔ふちょう〕」といいます。

当時、名籍を扱うメインの役所は民部省中務〔なかつかさ〕省でしたが、一方で、神官の名籍は神祇官、僧尼の名籍は中務省、京の戸口や僧尼の名籍は京職、等々と管轄がごちゃごちゃ....いや、いろいろと細かく手分けされていました。

というわけで、それぞれの在京諸司が、6月30日までに、自分の管轄するところへ「手実を提出させよ」と伝え、8月30日必着で帳を集め終えてから、民部省へ渡します。
遠い国から都まで、いついつまでに運ぶのは大変だったでしょうね。この使者を「大帳使」とか「計帳使」といいます。大伴家持なども大帳使を務めたようですよ。

その後の処理は賦役令の計帳条に定められています。民部省は1ヶ月ほどで書類を配下の役所に回したりの処理をして、9月上旬までに最上位の役所である太政官へ報告を上げるんですね。忙しそうです。



posted 2010-09-29 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸令17 絶貫条

現代語訳「養老令」全三十編:第八編 戸令 全45条

○17 絶貫条(絶貫の条)


《原文》
凡浮逃絶貫。及家人奴婢。被放為良。若訴良得免者。並於所在附貫。若欲還本属者聴。


《意訳》
浮浪逃走して籍が絶えた者、及び、家人〔けにん〕や奴婢から解放されて良人となった者、あるいは良人であると訴え出て放免された者は、いずれも所在地の籍に附けること。もし本籍に還りたいとの希望があれば許可すること。


本
この条は、浮浪逃避による除籍、及び、賎身分から良人となった場合の戸籍登録について規定したものです。

浮浪逃避による除籍とは、戸令戸逃走条に定められた三周六年法により、戸籍・計帳から除帳・除籍された人のことです。

賎身分から良身分となることを「放賎従良」といいます。賎を放〔ゆる〕され良に従える意です。放賎従良の条件は戸令官奴婢条(当ブログでは20日ほど後にこの条文に辿り着く予定。わぁ遠いなぁ(^^;)などの条文に規定されていますが、たとえば、高齢になったり中度以上の障害者となった場合、あるいは海外で、はからずも行方不明となり帰還したような場合です。

また、何らかの理由で、本来そうでないのに賎身分とされている場合、そのことを訴え、認められれば、戸籍に附けられます。

家人〔けにん〕は唐の部曲という身分に相当するとされていますが、部曲よりも扱いが低いです。
戸令家人所生条(当ブログでは23日後に....)に関する日本思想体系「律令」(第1刷は1976年)の補注に以下のような記述があります。


《戸令家人所生条に関する日本思想体系「律令」の補注
(担当:吉田孝氏 注解全体の整理統一は井上光貞氏・青木和夫氏 凡例より)》
おそらく日本律令の制定者は、唐律令の部曲にならって、家人の制度を新しく設定したのであろう。家人の語の実例も、法隆寺資財帳など寺院関係の史料以外には、全く姿を見せない。もっとも、籍帳に記載された奴婢のうち家族関係が記載されているものは家人である、という説もあるが、律令で明確に異なる身分とする家人と奴婢との区別を、身分の基本台帳である戸籍(戸令19)に記さなかったとは考え難い。おそらく家人の身分は寺院などにおいてだけ特に定められたのであろうが、法隆寺資財帳が家人百二十三口の内訳を奴六十八口・婢五十五口と記しているように、家人は奴婢のなかの一種として観念されていたらしい。


要するに、家人とは、令文の規定としては名前が見られるけれども、実態としては特殊な性質をもつ奴婢であったといえるようですね。30年以上前の注釈ですので、その後に出てきた史料などがあるならば、その研究でもっと判明したこともあるかもしれません。

posted 2010-09-27 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:08:養老:戸令 現代語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平易に訳すって

余談ですが、官制大観は、少々格好悪くても、できるだけ平易かつ特定的な表現を用いるようにしています。

それでしばしば迷うのは、たとえば「具状発飛駅申奏」を、
「飛駅〔ひやく〕を発して仔細状況を申奏すること」と訳すか、
「緊急の使者を立てて詳しい状況を天皇にお知らせ申し上げること」とするか、というようなとき。
前者は、けっして難しい表現ではないと思いますが、用語に馴染みがあるかどうかで、おそらく正確に理解されないこともあるでしょう。

また、逓送のような語は、現代でも使われている言葉ではありますが、馴染みのない人もおられるでしょう。しかし、これを平易な表現にしようとすると、かなりくどい、読みにくい文章になってしまいます。(括弧)で注釈を付けるのも、多すぎるとかえって読みにくくなりますよね。

法律っぽい、あるいは、格好よさ"げ"な文章で書けないこともありません。しかし、そのせいで現代人が「即座に・正確に」認識できない文章になってしまっては、現代語訳の意義が損なわれると思うんですよね。現在思惑どおりにできているかどうかはともかく(^^;

まぁ個人が「物好き」でやってることですから、何をどうしなければいけない義務があるわけじゃないんですけどw

誰にでもわかる文章で「こんなふうに訳した方がスマートでわかりやすくない?」「ここ間違ってない?」など気付かれた方は、お気兼ねなくコメントで修正・訂正してくださいね。
(いずれ親サイトの訳文をこちらの訳文に差し替えます。その際に使わせていただく可能性がありますことをご了承ください。)

タグ:現代語訳
posted 2010-09-27 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。